更年期障害・PMS

  • のぼせ・ほてり・発汗がある
  • やる気が起こらず、だるい、疲れやすい
  • できれ鎮痛剤などには頼りたくない
  • 生理前に頭痛・眠気がひどい
  • 血行不良になりやすく、冷え性だ

更年期障害のホットフラッシュ

「のぼせ」や「ほてり」は「ホットフラッシュ」と呼ばれ 更年期障害の中でも発生率が高く、代表的な症状の一つです。閉経女性の7割から8割の人に現れると言われています。

症状としては、

  • 突然身体が熱くなって、大量の汗が噴出してくる
  • 顔が火照る
  • 身体の中から熱くなる
  • じっとりとした汗をかく

などが挙げられます。

ホットフラッシュはなぜ起こる?

pms_img01

女性の身体は女性ホルモンと密接な関係にあります。女性ホルモンが正しく機能することで、身体の状態を正しく維持できます。

しかし、更年期を迎えることで、卵巣の機能が低下すると共に、女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、脳はエストロゲンの分泌量を回復するため、卵巣からエストロゲンを分泌させようとするので、卵胞刺激ホルモンが増加します。これにより、ホルモンのバランスが崩れ「のぼせ」「ほてり」のような症状が現れるのです。

若年性の更年期障害

  • 喫煙
  • 暴飲・暴食
  • 食品添加物
  • 高カロリー食
  • ストレス
  • 過度のダイエット

閉経とは月経がなくなることを言いますが、日本女性の平均的な閉経年齢は、50歳前後と言われています。
しかし、近年では20代・30代の若い女性の生理不順やひどい生理痛の際、更年期障害と似たような症状を訴える人が、増加傾向にあります。これらは、年齢によって起こるものではなく、生活習慣も大きな原因の一つと言われています。

若年性更年期障害は、更年期障害に似たような症状があっても、更年期障害になったわけではありません。この症状の背景には、自律神経の問題が大きく関わっています。首や背骨には自律神経が通る脊柱があり、この脊柱が歪むと脳からの指令がうまく伝達されません

当院ではM式(バックエイジングセラピー)で首・背骨の調整を行いながら自律神経のバランスを整え、女性ホルモンが正常に働くように促します

症例 | 千葉市 弁天整骨院

  • 千葉市 30代 女性 生理痛

    生理痛が重いとご相談に来られました。
    いつも生理の時期はイライラして何も手につかなくなり、人に当たってしまっていたが、当院での2か月の治療で生理痛はなくなり、イライラしなくなったということです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 千葉市 50代 女性 更年期障害

    更年期障害と診断され、いつも頭痛、イライラ、ホットフラッシュに悩まされていると来院。
    当院で施術を受けると、最初に頭痛がなくなり、頭が痛くないのでイライラしなくなり、4か月の施術でホットフラッシュもなくなりました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。