成長期の子供の股関節や膝の痛み|ペルテス病

2017年12月12日

千葉市でお身体を根本から治したい。
病院で検査をしたものの、原因がわからない。
色々な治療を試したものの、満足のいく結果がでていない。

そんな時は千葉駅徒歩五分の弁天整骨院・整体院までご相談ください。

今日は成長期の子供におこる疾患ペルテス病について

転んだり、ぶつけたりなどの外傷の起因がないのに股関節の痛みや、跛行、股関節の動きが悪くなるなどの症状があり、股関節が痛い、または、ももから膝の痛みをお子様が訴えた場合は注意が必要です。

ペルテス病は成長期に大腿骨頭骨端で血流障害がおき、骨壊死をきたす疾患です。
小児期では骨のリモデリング(骨の新陳代謝だと思ってください)の能力が高い為、骨壊死は2~3年間で自然治癒します。
治るまでの間に骨頭がつぶれてしまうのを防ぐのが重要で、気づくのが遅れてしまうと、骨頭は圧壊し骨頭は変形してしまいます。
基本的には自然治癒しますが、変形が残ると将来的に変形性股関節症などの股関節の障害の原因となります。

2~12歳にみられ、とくに4~8歳に多く、男女比は4:1で男児に多いです。
多くは片側性、片側だけに置きますが15~20%くらいは両側性の可能性もあります。
しかし左右で発症時期は異なることが殆どです。

このペルテス病は見ただけはわからないので、レントゲンの検査がひつようになります。
初期の診断ではMRI検査も必要になることがあります。

骨頭がつぶれるのを防ぎながら自然治癒させることを目的に、年齢や壊死範囲などを参考に治療方針を決めます。
装具療法が良く行われますが、年長児や壊死が広範囲に広がってしまった場合は手術を行うこともあります。

滑膜の浮腫や肥厚がみられる滑膜炎期、ほねが壊死する壊死期・硬化期、壊死した骨が吸収され新しい骨が出来上がる再生期(分節期)さらに壊死した骨の吸収と骨の新生がすすむ修復期に分けられます
硬化期・壊死期、分節期、修復期でそれぞれ特有のレントゲン像を示します。

年少期には経過観察のみで治ることもあります。
保存療法:装具療法で大腿骨頭が臼蓋におさまるようにして球形を保ち、修復をまちます
手術療法:骨切術などにより大腿骨頭が臼蓋に収まるようにして球形を保ち、修復を待ちます

2~12歳、とくに4~8歳の子供が転んだり、ぶつけたりしていないのに股関節や膝の痛みを訴えることが多々あるので、注意してください。

ペルテス病

※SPOC装具股関節の負担を取り除き、大腿骨頭の回復をを目指します。

今日はここまで

千葉駅|千葉市|膝の痛み|靭帯|半月板|リハビリ|弁天整骨院

2017年03月30日

千葉市で膝の痛みのご相談は千葉駅徒歩五分の弁天整骨院までご相談ください。

業界歴15年以上でトレーナー経験もある院長がしっかり診させていただきます。

膝は前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の四つの靭帯がついています。他に軟骨として内側半月板、外側半月板の二種類、膝のお皿は種子骨と呼ばれる骨、大腿骨、脛骨と呼ばれる足の骨で構成されています。

色々なスポーツでケガをしやすい場所で特に内側側副靭帯損傷、前十字靭帯損傷、内側半月板損傷の三つを合わせてアンハッピートラアングルと呼びます。
バスケットボールなどのジャンプして着地をした際に、バランスを崩してしまい、転倒した際に起きやすいです。

程度によりますが、状況によっては手術が適用になることもある危険な症状です。

その後リハビリがうまくいかないと膝が伸びなくなることがあり、その伸びない膝を一生懸命多動的にストレッチしても伸びきらない状態になってしまうことがあります。

これも決してあきらめる必要はなく、伸びない膝を膝の関節の問題だけと考えずにもっと身体全体の症状としてみると改善の余地があります。

いつまでたっても治らない膝の痛みがある方は弁天整骨院までご相談ください。

今日はここまで

 

=================================

千葉市の自律神経調整・頭痛・肩こりの根本治療なら弁天整骨院へ!
3年以上どこに行っても治らない・原因が分からないそんなお悩みご相談下さい。
自律神経調整・頭痛・肩こり・不眠・子供の姿勢矯正・交通事故の専門治療
千葉市中央区で唯一のM式テクニック・バックエイジングセラピーが受けられます

子供の姿勢矯正・猫背・しびれ・膝の痛み・腰痛・整体
骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

千葉駅徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920
=================================

千葉市|千葉駅|膝の痛み|オスグッド病|弁天整骨院

2017年03月29日

千葉市で辛い膝の痛みでお悩みの方は千葉駅徒歩五分の弁天整骨院までご相談ください。

業界歴15年以上の経験豊富な院長久保田がしっかりと診させていただきます。

スタッフさんが沢山いると誰に当たるか分からない

あの人がいいけど、担当制で変えられない、言いにくい

そんな経験ありませんか?当院は久保田がすべての患者様を施術させていただきますのでそういう心配はありません!

安心して来院ください。

膝の痛みにも沢山ありますが・・・・

オスグッド病について

成長期で運動を沢山する子に起きやすい症状で、成長痛とも言われます
お皿の下の骨が出っ張ってきてしまうこともあり。出っ張った骨は一生治らずそのままになってしまいます。

ももの筋肉(大腿四頭筋)が骨盤から膝のお皿を通ってすねの上についています。

この筋肉が引っ張る力でまだ成長期の柔らかい骨を引きはがすように働くので痛が強く出るうえに、引きはがされた骨が変形し出っ張ってしまいます。

成長期が終わり、骨が大人の骨になってしまえばほとんどの方は症状はでないので運動をやめれば基本的には治まります。しかし、運動をしながらでも治す事も可能です。治療期間が長くなること、膝のでっぱりは残ってしまうことは多くの場合避けられません。

膝の周りの筋肉だけにフォーカスしてしまうと

「ももの筋肉に負荷がかかってる」

この状況を打破できないです。もっと身体全体を診て、バランスを整えることによりより早く痛みが解消され再発も防げます。

なかなか痛みが取れないときは当院へご相談ください。

今日はここまで

=================================

千葉市の自律神経調整・頭痛・肩こりの根本治療なら弁天整骨院へ!
3年以上どこに行っても治らない・原因が分からないそんなお悩みご相談下さい。
自律神経調整・頭痛・肩こり・不眠・子供の姿勢矯正・交通事故の専門治療
千葉市中央区で唯一のM式テクニック・バックエイジングセラピーが受けられます

子供の姿勢矯正・猫背・しびれ・膝の痛み・腰痛・整体
骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

千葉駅徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920
=================================

千葉市|千葉駅|膝の痛み|変形性膝関節症|弁天整骨院

2017年03月28日

千葉市で膝の痛みでお困りの方は千葉駅徒歩五分の弁天整骨院までご相談ください。

変形性膝関節症は膝の骨の変形が原因で痛みが現れます。

膝周りの筋肉を調整することでその場の痛みは改善することが多いですが変形自体は進んでしまい、何年もかけて段々と症状は進行します。

それは膝にかかる負担をそのままにして痛みだけをとっているからにほかなりません。

膝が痛いから膝の治療をする。
転んだり、ひねったりしたときは当然そのケガに対しての治療が必要となるので膝へのアプローチが必須です。電気治療や鍼なども効果的です。

しかし、原因の良くわからない膝の痛みや変形性膝関節症はどうでしょうか?

変形した原因は加齢とよく言われますが、変形しない人もいらっしゃいます。大きな違いがあるのは姿勢だと考えます。

姿勢が悪ければ膝にかかるバランスが均等ではなくなり、片側ばかりに負担がかかった結果変形が起きてしまうと考えます。

身体のバランスから治療することにより今の膝はもちろん未来の膝の変形も守ります。

今日はここまで

=================================

千葉市の自律神経調整・頭痛・肩こりの根本治療なら弁天整骨院へ!
3年以上どこに行っても治らない・原因が分からないそんなお悩みご相談下さい。
自律神経調整・頭痛・肩こり・不眠・子供の姿勢矯正・交通事故の専門治療
千葉市中央区で唯一のM式テクニック・バックエイジングセラピーが受けられます

子供の姿勢矯正・猫背・しびれ・膝の痛み・腰痛・整体
骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

千葉駅徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920
=================================