2017世界治療家ツアーinCebu

2017年12月11日

2017世界治療家ツアー in Cebu

12/6(水)~10(日)まで院を臨時休診をさせていただき、世界治療家ツアーへ行ってまいりました。

世界治療家ツアーは年に二回行っている海外研修です。
前回のツアー内容もブログでアップされているのでカテゴリーの世界治療家ツアーからご覧ください。

セブ島と聞くと皆様青い空、きれいな海、トロピカルドリンクにアイランドホッピングなどを思いつくのではないでしょうか?
しかし、それは氷山の一角、観光用のきれいな一面です。
実は汚い、臭い、そんなところのほうが多い場所です。

私たちがいつも見てくるのはリアルなセブ島です。

空港以外で日本人と出会うことはありません。

では目的は何か?
社会貢献を通じてリアルな現実を見て聞いて知ってくること、それにより人間力を育てています。
・ご縁のあるボクシングジムでのワークアウト、治療家といえども人間ですから身体が資本です。その身体を鍛えるため。日本ではなく、わざわざ海外でやる事にも意味があります。
冷暖房完備で室内型、終わったらジャグジーがついているような恵まれた環境ではなく、コンクリートの床に屋根しかない窓もない、サンドバッグが四つつる下がっているだけのボクシングジムで身体を苛め抜きます。
終われば水道のシャワーで汗を流し外で着替えです。
そこのジムからは世界チャンピオンが出ています!
環境のせいにはひとつもできません。

・ご縁でつながった学校でのチャリティー
前回も行かせていただいた学校ですが、今回は土曜日で学校がお休みにも拘わらず沢山の子供たちが待っていました。
車から降りると全員で歌を歌って迎えられ面喰いました。そのまま舞台に通され、紹介していただき、代表の子から歌、ダンスのプレゼント、面喰いました。
そのキレキレで揃ったダンス。何かの時間を削って何度も何度も練習をしてくれたと思うと目頭は熱くなり目から汗が出ました。
その後に子供たちへ自分たちで選んだ文房具を配ります。
笑顔の子、はにかんでる子、つまらなそうに受け取る子、しかし、舞台から降りるとみんな笑顔です。感情を素直に出すのが恥ずかしい時期が自分にもありました。わかります(笑)
最後にもう一回ダンスを披露していただき、記念撮影をして、フィナーレです。
車に乗り込み帰る時も周りには子供が沢山残っていて手を振って、車をたたいて見送ってくれました。仲間たち全員目が赤くなって泣いた跡が見えました。

IMG_9428

物資が沢山届いて余っている学校もあれば、足りなくて困っている学校もあるそうです。

全てに手が届くわけではないですがご縁をいただけるのであればまた来年も、今年よりもっと喜んで貰えるように頑張りたいと思い学校を後にします。

・ご縁のあるお宅での夕食
10人分の夕食を用意するにに何を削ってどっか無理をして用意してくれてるはずです。
勿論残さずいただき、それはどんな高級レストランより美味しいごちそうです。
出来上がるまでの1時間くらいはカラオケをするというサプライズ(笑)

朝からジムで身体を動かし、渋滞に巻き込まれながら現地で最善を尽くし、夜は治療の話とその日得たことのシェアで寝る間も遊ぶ時間もありません。
最高の仲間たちとの話は尽きることはありません。
チャリティーと聞くと何かをあげてきてる、やってあげている、そんなイメージかもしれませんが、現地で直接自分の手で行っていると、そんなことは全くなく、いつも沢山の形や言葉では言い表せないものを貰っています。本当に貰っているもの方が多いです。

どんなにネットやヴァーチャルが進化しようと、現実に体験、体感したものには勝りません。

本を読んだだけ、人に聞いただけ、ネットで見ただけで、知ってるつもりになっていては本物には敵いません。

「百聞は一見に如かず」昔の人は良いことを言いますね。

世界を知ることにより、自分の普通の概念が壊れ、全てのことに感謝できるようになります。
かなりダイジェストで書いてしまいましたが、細かく書くと何日分になるかわからないで、ここら辺で占めたいと思います。

常夏の国に行っても日焼けする時間すらできずに終わる世界治療家ツアー今回も最高でした。

患者様には無事に帰ってきてと送り出していただき、本当に感謝しております。

ありがとうございます!

 

IMG_9429IMG_9427