M式<バックエイジングセラピー>Vol.2 椎間板ヘルニア

2016年12月27日

今日は風が強いですね!
こんな風の強い日は飛べるんじゃないかと思う久保田です。
千葉市で空をとんでみたい方は千葉駅から徒歩五分の弁天整骨院まで!
本当に飛べるようにはなりませんが、背中に羽が生えたような身体の変化を体感できます。

身体の機能について、の前に

身体の構造についてもうすこし・・・

構造は姿勢だとお話ししましたが、もっと詳しくお話しすると外から見ただけではわからない部分。つまりは骨、とくに身体で重要な背骨の構造を整えることが大事です。

なぜ背骨が重要か?

それは脳から脊髄という神経の束が背骨の中を通り、さらに背骨の間から身体の隅々まで神経が伸びていくからです。

その背骨が歪んでいる=構造が悪いと当然その神経にも悪影響を及ぼします。

椎間板ヘルニアとか分かりやすいですね。
背骨の間にはいっているクッションを椎間板と言います。
このクッション材はお饅頭みたく真ん中に核と呼ばれる部分が入っています。
それが歪みにより上下から圧迫をうけて飛び出してしまったものを
椎間板ヘルニアの病態です。

首で起きたら
頸椎椎間板ヘルニア

腰でおきたら
腰椎椎間板ヘルニア

となります。

構造の話のはずが椎間板ヘルニアのお話に・・・・・
通ずるところはあるので良しとします。

今日はここまで

次回は椎間板ヘルニアについて・・・のはずです

=================================
千葉市の自律神経調・頭痛・肩こりなら弁天整骨院へ!
自律神経調整・頭痛・肩こり・不眠・子供の姿勢矯正・交通事故の専門治療

千葉県で三か所
千葉市中央区で唯一のM式テクニック・バックエイジングセラピーが受けられます

子供の姿勢矯正・猫背・しびれ・膝の痛み・腰痛・
骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

千葉駅から徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920
=================================