自律神経について Vol.5 副交感神経の働き 自己治癒力って?

2017年01月25日

長年頭痛・肩こりがあると辛い状態が不通になり、頭痛や肩こりがあることが普通になります。多少つらいけどいつものことだから・・・・そんな症状を放置しておくと症状の悪化はもちろん辛いので色々なことにやる気がなくなってしまいます。そうなる前に早めの治療をしていきましょう!病を治すより予防して辛くならない。そんな健康の意識を千葉市中央区から広めていきたいと思っている千葉駅から徒歩五分 弁天整骨院の久保田です。

本日は副交感神経について
交感神経が活動的な働きをするのに対し副交感神経は体を休めたり、内臓の調整を中心に働きます。
例えば、食事をしている時なら胃酸をたくさん出して消化を促す。腸に行けば吸収を助ける。そういった機能は副交感神経が働くことにより活発になります。
この機能が働かないと消化吸収がうまくいかないので栄養がちゃんと身につかなかったり、便秘になってしまったりします。

交感神経と副交感神経がバランスよく働くことにより身体の機能は保たれています。

自律神経の調整とはこのバランスを整えていくことになります。
自律神経のバランスを整えることにより、体の機能が回復して自分で自分の身体を治していく。これが自己治癒力と呼ばれるものです。
決して自己治癒力とは眉唾の怪しいものではないということがわかっていただけたらと思います。

今日はここまで

次回は体が回復するためにかかせない睡眠について、の予定です

 

=================================

千葉市の自律神経調・頭痛・肩こりなら弁天整骨院へ!
3年以上どこに行っても治らない・原因が分からないそんなお悩みご相談下さい。
自律神経調整・頭痛・肩こり・不眠・子供の姿勢矯正・交通事故の専門治療

千葉県で三か所
千葉市中央区で唯一のM式テクニック・バックエイジングセラピーが受けられます

子供の姿勢矯正・猫背・しびれ・膝の痛み・腰痛・
骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

千葉駅から徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920
=================================