宮沢塾海外研修|神風特攻隊

2017年06月15日

海外研修~世界治療家ツアー in マニラ 3日目~

三日目は神風特攻隊の慰霊碑へ

IMG_8104

神風特攻隊はフィリピンで行われたそうです。

空軍の飛行機乗りはエリートでなければなれません。
エリート集団の飛行機乗り達が「神風特攻隊」この命令を受けた時にどうかんじたでしょう?
お話によると、日本軍は負けそうでもう勝てる見込みはないことはわかっていたそうです。
戦いに出るたびに近づいてくる敵の包囲網、それだけでこちらの戦況は悪いことが分かるからです。
では、神風特攻隊は無意味なのか?

確かに戦争に勝つ目的でやったと考えたら無意味なのかもしれません。

そこまでわかっても飛ばなくてはならない。どんな気持ちだったのでしょう?

「日本人を追い詰めたらここまでやるんだってことを相手にわからせる」
「その結果、早く戦争が終わってほしい」
「そして、こんな悲しい思いをする人がいなくなる世の中になってほしい」

そんな思いだったと伺いました。

今まだに戦争は終わりません、日々どこかで人が無くなっています。
自爆テロ、若い子の命を散らします。

私は心の中でごめんなさい、まだ世の中から悲しい現実が無くなっていません。
とても申し訳ない気持ちになりました。

IMG_8103

そして、特攻隊の遺書というものが残っていてこれはみんな達筆なんだそうです。
これを聞いたときに、エリートだから字もキレイだったんだろうな、なんて思っていました。

ところが

「後世に残るものだから字のきれいな人に書いてもらった」

こんな事実を聞きました。

私は本当に字がへたくそです。なのでこの気持ちが良くわかります。
何か世の中に残るならかっこいいほうがいい!

今自分が抱く気持ちなんら変わりません。

そんな自分と同じような人間であることを理解し、そして、特攻を実行しなければいけないその心境を思うと胸が熱くなり、涙がこぼれました。

・片道のガソリンしか積まない
・メンテナンスが適当だった
・ご飯ももらえなかった

そんな話を聞いたこともありますが、すべて嘘で

仲間が明日死にに行くのにご飯を上げない、とか、メンテナンスの手を抜く、とか、片道のガソリンしか入れないとか、考えられるか?と言われたときに、

あー無理だ。そんなことできるわけない、だって、なにかって戻ってこれるとしたら、その時に機械の故障とかガソリンないとか、おなか減ってとか、そんな理由で戻れなかったら、最後になるかもしれないからこそ、普段より丁寧に、となるのが当たり前だな、と腑に落ちました。

今自分に後世に残せるものは何もないかもしれません。

しかし、いつかなにかを残せたら・・・そう思いました。

帰ってきて、今できることは今ある健康を守ること、その結果なにかが、だれかが、良い未来をつかめたら・・・・

そう思い、今の仕事に誇りと責任をより大きく感じ、施術にあたっています。

IMG_8129

=================================

千葉市の自律神経調整・頭痛・肩こりの根本治療なら弁天整骨院へ!
3年以上どこに行っても治らない・原因が分からないそんなお悩みご相談下さい。
自律神経調整・頭痛・肩こり・不眠・子供の姿勢矯正・交通事故の専門治療
千葉市で唯一のM式テクニック・バックエイジングセラピーが受けられます

子供の姿勢矯正・猫背・しびれ・膝の痛み・腰痛・整体
骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

千葉駅徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920
=================================