千葉市の整骨院から小指側のしびれPART2

2017年12月28日

千葉市で小指側がしびれる方へPART2です!

小指側がしびれる原因のひとつに前回書いたギヨン管症候群というものがあります。
手首を通る神経が圧迫されて起こります。
今回のものは肘の神経の通り道で圧迫が起こるのが原因です。

肘部管症候群といいます。

肘の肘部管と呼ばれる場所を通るときに神経に触ってしまい、しびれが起こります。
主に利き手側に起きやすいです。

ギヨン管症候群との大きな違いは手の甲がしびれるかどうかにあります。
手のひらの小指と薬指の辺りがしびれるなら手首が問題のギヨン管症候群。
手のひらと手の甲の小指と薬指のあたりがしびれるなら肘部管症候群の可能性を疑います。

手の使い過ぎや、先天的な問題、外反肘・内反肘(肘が外か内側に曲がっている)習慣性脱臼、滑車状肘筋、腫瘍性の病変などが発症の要因となります。

最初は小指と薬指の痺れから始まることが多く、肘の内側の痛み、小指と薬指の感覚障害、運動障害などがあらわれます。
手の筋肉の筋力低下(筋肉の萎縮)が目立つと手の変形(鷲手変形)になるケースが多いです。

検査はギヨン管症候群と同じようにティネル徴候、フロマン徴候、感覚障害に加え肘の屈曲テスト、クロスフィンガーテスト(隣通しの人差し指と薬指を交差させることができるかをみるテスト法)内在筋(細かい動作をするための筋肉)とよばれる筋肉の萎縮などがあります

肘をなるべく曲げないようにしたり、頬杖をつかない、などまずは肘にかかる負担を減らします。

酷くなると手術にもなりますので早めの処置が必要です。
手の内在筋の萎縮がおこると治らなくなってしまう可能性があります。

肘部管症候群-手の痺れ

調べても原因が分からない時は千葉駅徒歩五分の弁天整骨院・整体院にご相談ください。また違った視点からの治療により良い方向へむかうことができるかと思います。

今日はここまで

 

 

==================================

頭痛・片頭痛・緊張型頭痛・不眠・更年期障害など自律神経症状はお任せください。
千葉駅徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920

↓エキテンさんの口コミ↓
https://www.ekiten.jp/shop_79780712/review/

↓弁天整骨院のFaceBook↓
https://www.facebook.com/chiba.benten/?ref=bookmarks
==================================