千葉市の弁天整骨院で|頭痛|の根本治療

2017年10月21日

千葉市で頭痛・片頭痛・肩こりが治らない、痛み止めが手放せない、そんな時は弁天整骨院にお任せください。
お薬を飲み続けているせいでおこる薬物乱用頭痛というものもあります。
薬に頼らず、痛みのない生活を取り戻しましょう!

薬物乱用頭痛(MOH:Medication Overuse Headache)の続き
片頭痛や緊張性頭痛、もしくは合併型と呼ばれる両方の要素をもった頭痛の患者さんに多く見られ、群発性頭痛の患者さんに起ることは稀なようです。

薬物乱用頭痛は薬の過剰服用により、痛みに対して過敏になってしまう。閾値が下がってしまうことが原因と考えられています。
しかし、関節リウマチや腰痛などの疾患に対して大量の鎮痛薬を服用していても薬物乱用頭痛が問題になることは極めて稀です。
なので片頭痛や緊張型頭痛の病態が薬物乱用頭痛の原因である可能性も示唆されています。

診断基準として
・以前から頭痛疾患をもつ患者さんで頭痛は一か月に15日以上存在している
・1種類以上の急性期、または対象的頭痛薬を3か月を超えて定期的に乱用している
・ほかに最適なICHD-3の診断がない
※ICDH-3(The International Classification of Headache Disorders 3rd edition)国際頭痛分類第三版

エルゴタミン 3か月を超えて1か月に10日以上定期的にエルゴタミンを摂取している
トリプタン  3か月を超えて、1か月に10日以上定期的に1つ以上のトリプタンを摂取している(剤形は問わない)
単純鎮痛薬  3か月を超えて1か月に15日以上単一の鎮痛薬を摂取している
オピオイド  3か月を超えて2か月に10日以上定期的に1つ以上のオピオイドを摂取している
複合鎮痛薬  3か月を超えて1か月に10日以上定期的に1つ以上の複合鎮痛薬を摂取している

上記に当てはまる人はMOHの疑いがあります!

次回は治療法について

IMG_9824

今日はここまで

=================================

千葉市の自律神経調整・頭痛・肩こりの根本治療なら弁天整骨院へ!
3年以上どこに行っても治らない・原因が分からないそんなお悩みご相談下さい。
自律神経調整・頭痛・肩こり・不眠・子供の姿勢矯正・交通事故の専門治療
千葉市で唯一のM式テクニック・バックエイジングセラピーが受けられます

子供の姿勢矯正・猫背・しびれ・膝の痛み・腰痛・整体
骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

千葉駅徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920
=================================