千葉市で手の小指側がしびれる症状について

2017年12月26日

千葉市で手の痺れでお困りなら千葉駅徒歩五分の弁天整骨院・整体院にご相談ください。
様々なしびれの原因がありますが調べても原因分からない、首の骨の隙間が狭いからと言われた、そんな時はお力になれることもあります。
まずはお問い合わせください。
初診の際はインフォームドコンセントに力をいれておりますので90分前後お時間がかかります。お時間の余裕をもってご予約をお願い致します。

手の小指側がしびれる時は以前書いた手根管症候群と言われる元とはまた違った原因でしびれが発生しています。
今回はギヨン管症候群というものについて

尺骨神経管症候群とも呼ばれており比較的稀な絞扼性神経障害(神経の通り道が圧迫されておこる障害)です。

手の骨の骨折やガングリオンと呼ばれるものが神経の通りに道を狭くしてしまうことが原因になります。
使い過ぎによっても起こることがあり、職業的なものや自転車の乗りすぎなどが多いです。

小指と薬指のしびれや痛み、曲げずらい、筋肉が落ちてしまう、手の変形(鷲手・鉤爪)や細かな作業がしづらくなる(巧緻運動障害)などが主な症状になります。

ティネル徴候(原因である場所を軽くたたくとその神経がとってるところで痛みがでる)
フロマン徴候(両手の親指と人差し指で紙をつまんで引っ張ると悪い方の親指が曲がってしまう)
などの検査が陽性になります。
神経伝導速度検査という神経の伝わり方を調べる検査も遅くなります。
また、ガングリオンの診断には超音波検査(エコー)やMRI検査が有用です。

急性発症(怪我によるもの)は数か月で自然に治ってしまう時が多いです。
お薬による治療はビタミンB12の内服や、ステロイドの局所注射があります。ステロイドは痛みは取れやすいのですが副作用が沢山あるので注意が必要です。
ガングリオンがなければ仕事での負担を減らしたり、使い方を変えれば症状は軽快していくこともあります。

このように原因がはっきりしているならばそのための治療法がありますが、分からないときには原因のおきてる場所だけでなく、全身を診ることによって改善できることが多々あります。

手の痺れギヨン管症候群
今日はここまで

 

==================================

頭痛・片頭痛・緊張型頭痛・不眠・更年期障害など自律神経症状はお任せください。
千葉駅徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920

↓エキテンさんの口コミ↓
https://www.ekiten.jp/shop_79780712/review/

↓弁天整骨院のFaceBook↓
https://www.facebook.com/chiba.benten/?ref=bookmarks
==================================