カイロプラクティック Vol4 レントゲンについて

2016年12月24日

メリークリスマス!
さんたさんから健康はもらえませんが、千葉市の千葉駅から徒歩五分 弁天整骨院からはもらえるかもしれません。
健康を配るサンタクロース、久保田です。

前回に引き続きレントゲンの重要性です。
まず皆様はアメリカのカイロプラクティックのD.C.や整形外科で医師がレントゲンを撮る時に何を最初に診ると思いますか?

骨折?

脱臼?

不全骨折?

歪み?

実は「病理」なんです。

命の危険に携わるような病気は無いか?
これが一番心配なんです。

病理が問題なくて初めてサブラクセイションの治療を進められます。
「腫瘍」って腫瘍を発見しようとして発見されるより、なんとなく肩が痛いな、なかなか治らないなレントゲン検査をしてみよう、あれ?腕に変な影が・・・って見つかることが多々あります。

なので、「腰が痛い」だけではなにもわからないのです。
実際に私の経験でもとくに腰に不調はないものの、検査の為にレントゲンを撮ったら胆石が見かった例もあります。

tanseki

80%は大丈夫かもしれませんが残り20%を見逃さない治療・検査を心がけています。
医療は大丈夫だと思ったでは済まされなのです。

今日はここまで。

楽しいクリスマスを!

良い子にサンタクロースが来ますように。

※レントゲンは医療機関の協力と患者さまの許可、協力を得て掲載しています。診断行為は一切しておりません。

 

=================================
千葉市の自律神経調・頭痛・肩こりの根本治療なら弁天整骨院へ!
自律神経調整・頭痛・肩こり・不眠・子供の姿勢矯正・交通事故の専門治療

千葉県で三か所
千葉市中央区で唯一のM式テクニック・バックエイジングセラピーが受けられます

子供の姿勢矯正・猫背・しびれ・膝の痛み・腰痛・
骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

千葉駅から徒歩五分

弁天整骨院
〒260-0045
千葉市中央区弁天2-20-38小川パレス101
☎0433723920
=================================